【シングル1on1】S4スペレ使用構築とか感想とか

こんにちは、カグヤです。

S4のレギュレーションはシングル1on1でした。通常ルールとは違った疾走感のあるバトルができとても楽しかったです。(中盤限界集落とかしていたのは内緒

今回はそこで使った構築やシングル1on1の感想などをあれこれ書いていこうかと思います。これを読んで、次回シングル1on1をやってみようかなと思う人が増えると嬉しいです。

 

〈パーティ紹介〉

f:id:stailang342:20170718171347p:image

○パーティの構築経緯

・序盤にシャンデラ単騎で潜ってみる

サザンドラになす術がない

マリルリ参戦

・電気の一貫を切る&一撃技で有象無象を薙ぎはらうためにドリュウズ参加

・その他色々誤魔化しが効くゲッコウガをボックスから引っ張ってくる

完成(あとで穴を埋めるポケモンを連れてくる予定だった) 

 

 ○個別紹介

f:id:stailang342:20170718194426j:image

シャンデラ@眼鏡

特性)貰い火

技)放射/シャドボ/エナボ/サイキネ

控えめHCブッパ余りD

 

嫁ポケ枠。

火力が欲しかったので眼鏡を持たせC特化にしました。技外しが面白くなかったので放射にしましたが、瞬間火力が足りなかった気がしたので文字かオバヒにして良かったと思いました。

エナボをシャワーズに耐えられたときは絶望しました。

 

f:id:stailang342:20170718194459p:image

 マリルリ@鉢巻

特性)力持ち

技)アクジェ/滝登り/じゃれ/馬鹿力

意地っ張りHAベース(テンプレ腹太鼓マリルリの流用)

 

10%の確率でじゃれを外す青だぬき。

サザンドラを始めとする悪や龍への打点が欲しかったので採用。鉢巻じゃれの火力がヤバすぎて迷ったらコイツ出してた時もありました。ただ、鉢巻アクジェの火力を過信しすぎてたところもあり勝てる試合を落としてしまったこともあり反省してます。

 

 

f:id:stailang342:20170718203011j:image

ゲッコウガ@珠

特性)変幻自在

技)水手裏剣/悪波/冷B/草結び

臆病CSブッパ余りH

 

無限の技を持つ最強の蛙。

最初はスカーフで使っていましたが、火力が微妙に足りない&技を打ち分けたかったので珠にしたところ、初手水手裏剣で格闘技を受けるといった器用な芸当も出来るようになり非常に使いやすくなりました。技構成はこれが最適解かはわかりませんでしたが、どれも切れませんでした。あとはコイツはよく悪波で怯ませてくれたので強かったです。(小並感)

 

f:id:stailang342:20170718203822j:image

ドリュウズ@スカーフ

特性)型破り

技)地震/岩雪崩/スマホ/ドリル

陽気ASブッパ余りH

 

ドリル野郎。

コケコとジバコをなんとかする枠として採用しました。(アイへドリュが用意できなかったのでスマホあげた。)最速スカーフにしてもスカーフオノノクスに負けるので余り賢い選択ではなかった気がします。スカーフドリルは余り使いたくなかったのでドリル打つために選出はしなかったのですが、300上を引いた時は積極的に選出しました。(人間の屑)

 

〈結果〉

f:id:stailang342:20170718204811j:image

 ゴミですね(最高158xくらい)

 

〈反省〉

 ・対戦数が少なすぎた。

→環境への考察が足りなかった。

・パーティが4体だった。

→汎用性の高いポケモンをもっと用意し高度な読みを必要としないようにしたかった。ポケモンは6体でやるゲームだ。

ドンファンがどうしようもなかった

→ゴミ箱のせいでマリルリで勝てなかった

 

〈雑記〉

シャンデラ単騎のこと

序盤にシャンデラ単騎で潜ろうとした時に、どうやったらあらゆるポケモンシャンデラ一体で見るかを考えた結果†避ければ勝ち†だと気づいてしまったので、ちいシャンを使いました。

 f:id:stailang342:20170718211910p:image

シャンデラ@残飯

特性)すり抜け

技)†小さくなる†/身代わり/毒々/シャドボ

臆病H204-B20-C4-D28-S252

(調整意図)

・H:16n+1で最大

・S:最速

・B<D

 

とりあえず初手小さくなるを押し避けて勝つ。宿り木してきそうな奴が来たら身代わりから入らないと詰みます。メインウエポンは身代わりしてるだけでダメを与えられる毒々、攻撃技は連打で追加効果ウマウマなシャドボにしました。(毒無or鋼無の複合タイプはいないので技が完璧に入らないポケモンはいないです)

自分より早い相手には殆ど何もできないのが辛かったです。(サザンドラ憎し)

レヒレを完封できた時はDSの前で小躍りしましたね。

 〈結果〉

最高1516 勝率5割弱

 

思っていたよりも勝てて嬉しかったです。

 

 

〈感想〉

とにかく楽しかった。ほぼほぼジャンケン大会みたいな感じで選出で勝ち負けが殆ど決まってしまうので選出時点での読みがとても大事だと思いました。他には、やはりKP上位は対策がされていたので初見殺しが強いルールだと思うのですが、なにせ過疎ットモンスターであるため再戦が多く二度目からは勝てないということもありました。(対戦相手が見つかりませんさんたいありでした。)

今度シングル1on1があればもっと最初から真剣に取り組んでいきたいですね。

 

S5はダブルでバクーダ使いたいと思っています。

 

では、今回はこの辺りで…

ダブルニードルシュバルゴ【単体考察】

こんにちは、カグヤです。

 

夢のジャイロボールシュバルゴ【空想】 - 催眠至上主義者のポケモンブログ

↑前回、このような記事を書いたのですが、夢ばかり語ってはいられないので真面目に考察していこうかと思います。

 f:id:stailang342:20170604234034p:image

 ↑

こんな風にするぞ!

〈はじめに〉

 シュバルゴを活躍させたい。

環境トップのポケモンをメタれたら強い?

シュバルゴミミッキュを倒す!

というわけで、何とかしてミミッキュシュバルゴで倒せないかと考えた末″ダブルニードル″という技にたどり着きました。

内容はおそらくとても希薄なものになると思いますが読んでいただけるとありがたいです。

 

〈ダブルニードルとは〉

f:id:stailang342:20170531194543j:image

 

この「連続技」 というのが大事になります。

ミミッキュの化けの皮はどんな技も一度だけ無効にできるという強力なものではありますが、逆にいえばどんな″微量のダメージ″にも発動してしまいます。なので2連続のダブルニードルミミッキュの化けの皮を剥がしまた襷も潰すことができるのです!(強い)

 

〈型紹介〉

シュバルゴ

特性)防塵

技)ダブルニードル/アイアンヘッド/(ドリルライナーor捨て身タックルor追い打ちor毒づき)

持ち物)珠orZクリスタル

努力値)H252A252D4

 

[解説]

・特性は胞子などの粉技を防げる防塵でいいと思います。(まともな虫技を採用していないので虫の知らせは無しです。)

・技はコンセプトのダブルニードルミミッキュを余裕の確1にできるアイアンヘッドは確定として残りはお好みでといった感じですかね。(範囲的にドリルライナーの優先度は高めだと思います。)

・持ち物は拘らない立ち回りを想定しているので鉢巻は無しです。全体的な火力を上げるための珠かサブウエポンに合わせたZクリスタルの二択ですね。

努力値は火力が欲しいためAに特化させ、耐久もそれなりに欲しいのでHにもブッパし、あまりはDL対策にDに振りました。

 

〈対ミミッキュについて〉

・ダブルニードルによって化けの皮を剥がし襷も潰せるので次のターンにアイへで楽に倒せます。

ミミッキュからの攻撃に関して

◎特化シャドクロは乱3なので余裕で耐えられます。(剣舞一回積まれても確定で耐えられます。)

 

〈Q.実際勝てるの?〉

A.勝てないです\(^o^)/

 

(理由)

①トリル下でないと剣舞Zシャドクロにしばかれる。

②剣舞積まれてるとシャドクロを2耐えできない。(後出しが厳しい)

③身代わりされるとダブルニードルでは身代わりを壊せない。

シュバルゴミミッキュ対面ではミミッキュは交換してくる。

 

〈結論〉

・素直にメガホーン採用しよう

 

〈終わりに〉

無駄な時間を過ごさせてしまいすいませんでした…

 

ちなみに6/23より開催されるプリティプリマにはシュバルゴは参加することができるのでもしかしたら使うかもしれませんが、おそらく炎タイプが強すぎる(コータスシャンデラetc)ので厳しいかもしれないです。

 

今回はこの辺りで…

 

夢のジャイロボールシュバルゴ【空想】

こんにちは、カグヤです。

今回はシュバルゴについて空想していこうかと思います。

f:id:stailang342:20170530200321j:image

シュバルゴといえば低速高火力ポケとして有名ですが、なんとジャイロボールを覚えないのです…

しかし、A135S20の鋼タイプがジャイロボールを打てたらどうなるのかということが気になってやまないので少しばかり検証してみたいと思います。くだらない空想にしばしお付き合いくださるとありがたいです_| ̄|○

 

〈はじめに〉

 ーDATAー

シュバルゴ

・タイプ:虫・鋼

種族値:H70A135B105C60D105S20

 

 

 Lv.50時点でのシュバルゴのS実数値は最遅で22なので相手の素早さが132以上の時最高威力になりますね。

 

〈検証〉

・設定

勇敢最遅A極振りシュバルゴ(持ち物:拘り鉢巻)とし、また、ジャイロボールの威力を150とする。

 

火力指数:69188

 

うん、ヤバい。

どのくらいヤバいかというと

 

(物理)

・特化メガチャーレムの飛び膝蹴り:65130

・特化ギルガルドのA2↑珠アイアンヘッド:69264

(特殊)

・特化メガリザードンの晴れオバヒ:67860

 

⚠︎

貰い火眼鏡晴れ特化シャンデラのオバヒ142155 (なんだこれ)

このくらい。

 

ダメ計するとB特化ポリ2に6割以上入るくらい。並みの耐久では受けきれないレベル。(半減だとしても特化ナットレイが確3になる程度)

 ↑

嘘です。ジャイロボールの仕様を完全に忘れてます。

 

〈感想〉

ヤバい(語彙力)

ガブの剣舞逆鱗レベルの火力がデメリット無しで押し寄せると考えると条件付きとはいえ恐ろしい((((;゚Д゚)))))))

本当に使えるようになったらシュバルゴ時代始まるのでは?と思うのですが未来永劫そんなことにはならないと思ってます。

 

 

今回はこの辺りで…

トリルシャンデラ【単体考察】

こんにちは、カグヤです。

 

f:id:stailang342:20170405214457j:image

今回もシャンデラについて考察していこうかと思います。

 

〈はじめに〉

S3よりクチートナイトが解禁されたことをキッカケに新たにトリパを組んでみようとする人も増えたと思います。ただ、トリルエースを決めても誰をトリル展開要員にするか悩んでいる方も少なからずいる(?)のではないかと思ったので私なりに考えた結果、シャンデラが先発トリル展開要員としてかなり可能性のあるポケモンではないかと思ったので今回考察していきます。トリル展開要員で悩んでる方でもそうでない方でもぜひご一読ください。

 

〈なぜシャンデラなのか〉

ーデーター

シャンデラ

   タイプ:炎・霊

    H60 A55 B90 C145 D90 S80

 

◎トリル展開要員に必要な要素

①確実にトリルを展開できる

②トリルターンを無駄にしない

③後続の起点作りを行う

 

私はトリル展開要員に必要な要素は上記の3つだと考えています。そしてシャンデラはその3つの要素すべてを満たすことができます。

 

①確実にトリルを展開できる

シャンデラは耐久ラインは60-90-90と心許ないので襷を持たせて行動を保証します。

②トリルターンを無駄にしない

③後続の起点作りを行う

シャンデラは「呪い」と「置き土産」の二種類の自主退場技を覚えることができます。しかも、シャンデラ夢特性に「すり抜け」を持っているので相手が身代わりを貼っていようが構わず呪いや置き土産を使え、後続の起点を作れます。また、上で述べたようにシャンデラは耐久が低いので下手に相手の攻撃を耐えてしまうということが起こることが少ないです。

 

〈型紹介〉

シャンデラ

○持ち物:気合の襷

○技:トリックルーム/置き土産/呪い/オーバーヒート

○特性:すり抜け

○性格:冷静

個体値:31-0-31-31-31-0

努力値:H252C252d4

 

持ち物について

・気合の襷:確実に一回は行動を保証したいので確定

 

技について

トリックルーム:今回のコンセプト技(確定)

・置き土産:自主退場技、裏のトリルエースの積みの起点を作るなら(優先)

・呪い:自主退場技、バトンや積みがウザかったら(優先)

(置き土産と呪いはどちらか1つの採用でも可)

・オーバーヒート:シャンデラの最高打点、反動があるがすぐに退場するので相性良(優先)

シャドーボール:タイプ一致命中安定技、通りが良い(選択)

・火炎放射:タイプ一致命中安定技、オバヒ外しを嫌うならこちらだか、殴り合うことを前提としてないので優先度低め(選択)

・鬼火:物理アタッカーの機能停止を狙うなら(選択)

 

特性について

・すり抜け:トリックルームを使う以上1ターンの隙を相手に見せてしまうため、身代わりを貼られたとしても役割を遂行したいので確定

 

性格について

まず、最遅にしたいのでSに下降補正をかけます(最遅シャンデラはトリル下で無振り56族(オーロットドダイトスetc)まで抜けます)

・冷静:C特化シャンデラの実数値は216と桁外れになり、オーバーヒートなどの火力をあげることができます(今回はこちらで考察)

・呑気:今は少し減ったとはいえ未だ環境に蔓延るメガガルーラは襷を貫通してくるのでメガガルの地震耐えくらいの調整をするならこちら

 

〈他のトリル展開要員との差別点〉

ポリゴン2

自主退場技の有無で差別化が可能です。

 

クレセリア

高耐久で確実にトリルを張れ、「三日月の舞」によってトリルエースの再降臨をしながら退場出来ますが、先発に投げて起点を作るという点において差別化できます。

 

ミミッキュ

特性「化けの皮」によってほとんどの相手に対して確実に一度行動できるため安全にトリルを張れ、また、呪いによる自主退場も可能ですが相手が身代わりを張ってきた場合対応できません。また、見せ合いの段階でミミッキュの場合アタッカーと思わせることができます。

 

ドータクン

高い耐久と「大爆発」による自主退場を可能としていますが、ドータクンの場合、見せ合いの段階でトリルを張ることがばれてしまいます。

 

アローラナッシー

低耐久と反動技(流星群)と「大爆発」によって退場といったようにシャンデラと同じような動きをしますが、1:1交換をしてしまった場合相手の裏のポケモンの無償光臨を許してしまいます。

 

・ゲンガー

見せ合いの段階で騙すことができますが、Sが割と高いのでトリル張った後は腐りやすいです。

 

〈相性の良いトリルエース〉

相手に置き土産や呪いを打てるので積み技のあるトリルエースと相性がいいでしょう。(メガクチートetc)

 

〈おわりに〉

「すり抜け」という強力な特性と優秀な自主退場技を兼ね備えたシャンデラは先発に出して場を整えるということにおいて高い性能を持っています。また、シャンデラは見せ合いの段階ではトリル展開要員だとは思われにくいということもあり相手の意表をつくこともできるかもしれません。

トリルシャンデラの採用を一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

今回はこの辺りで失礼します。

 

長文になりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

ニトチャシャンデラ【単体考察】

こんにちは、カグヤです。

 

今回はシャンデラについて考察していこうと思います。初投稿ですが読んでいただけるとありがたいです。

 

f:id:stailang342:20170324111709j:image↑BWの頃のデザインが好き

 

〈データ〉

 シャンデラ

タイプ:炎・霊

 耐性:×2(地、岩、悪、霊、水)

         ×0.5(草、炎、妖、毒、氷、鋼)

         ×0.25(虫)

         ×0(無、闘)

特性:炎の体・貰い火・すり抜け(夢)

種族値:H60 A55 B90 C145 D90 S80 計520

 

種族値を見るとC145が目に付きます。この高い特殊攻撃力からの一致シャドボの一貫性はとても高く相手に圧力をかけていくことが出来ます。またBDはともに90もあるのですが、Hが60しかないので先ほど述べたようにあまり耐久は信用出来ません。あとはSは80と控えめな数値なのでスカーフがほしいところです。しかし、拘ってしまうと動きが窮屈になってしまうところがあり拘らずに加速する方法としてニトロチャージを採用したシャンデラを今回紹介しようと思います。

 

 

〈型紹介〉

 シャンデラ

持ち物)ホノオZ、風船

特性)貰い火

技)確定技:ニトロチャージシャドーボール

                   文字

       選択技:エナジーボールサイコキネシス

                   鬼火・めざめるパワー氷、岩、格・

                   小さくなる・オーバーヒート

実数値)135-54-110-197-111-145(臆病C252

              S252 d4) 

 

 

持ち物について

 ・ホノオZ:瞬間的に爆発的な火力を手に入れることが出来ます。また文字のクソ外しを無視出来ます。あとは未だ環境に一定数いる叩きのダメージを抑えられます。また、ゴーストZではない理由は単に威力が低いというのとノーマルに無効化されてしまうからです

・ 風船:地面技を一度空かせるので炎技と地面技の両方を持っている相手に有利になります。

 

特性について

 シャンデラは積み技を覚えないので火力を上げることの出来る貰い火がオススメです。ただ、ニトチャ一発では大半の相手のポケモンの身代わりを剥がせないのですり抜けも採用する価値はあります。

 

技について

ニトロチャージ(確定):今回のコンセプト技

シャドーボール(確定):一貫性の高いタイプ一致の主力技

・大文字(確定):高威力タイプ一致技、連発出来るが命中に難あり

エナジーボール:一致技を両方半減してくるメガギャラやサメハダーなどへの打点として

サイコキネシス:バシャーモへの打点

・めざめるパワー岩:リザードンへの打点

・めざめるパワー氷:ボーマンダガブリアスなどの氷4倍勢への打点

・めざめるパワー格闘:ノーマルで止まらないように

・鬼火:物理アタッカーの機能停止へ

・小さくなる:無限の勝ち筋

・オーバーヒート:最大打点だが、Cダウンのため連発出来ずアンチシナジー

 

性格について

 抜ける相手を少しでも抜いておきたいので臆病でいいでしょう。

 

努力値について

 最速にしたいのでSブッパ、火力も欲しいのでCもぶっぱでいいでしょう。あまりはHに振ってしまうと偶数になるのでダウンロード対策にもDに振るのをオススメします。

 

最速にするとニトチャ1積みで最速145族(メガスピアーなど)まで抜くことができます。流し際などに打って早いうちに加速させましょう。

 

 

〈スカーフシャンデラとの比較〉

 ここまで読んで「別にスカシャンでいいじゃねーか」と思う人も多いと思うのでそれぞれのメリットデメリットを挙げて比較していきたいと思います。

 

◎スカーフシャンデラのメリット

・初速から素早く動くことができる

 ◎スカーフシャンデラのデメリット

・技の打ち分けができない

・持ち物の選択肢がない

 

 ◎ニトチャシャンデラのメリット

・技を打ち分けられる

・持ち物の選択肢が増える

・何度も加速することか出来る

 ◎ニトチャシャンデラのデメリット

 ・積まないとただの中速ポケモン

・技スペを一枠取られる

・ニトチャ単体のダメージはとても小さく相手に負担を与えにくい

 

 

スカーフと比べた時のニトロチャージのメリットは道具の自由と拘らないというところにあると思います。

シャンデラは微妙に火力が足りないのでZクリスタルなどの火力を上げる道具を持たせることはメリットだということができます。また、スカーフだと裏にノーマルタイプがいる時安易にシャドボを打ったりすることを躊躇う場面や、貰い火で炎技の威力を上げたとしても相手のパーティの炎の一貫を考えると打てず、腐らせてしまう場面によく出会うので技を打ち分けられるというのも大きなメリットだということができます。

しかし、スカーフを巻かない場合、初速はただの80族なので抜ける相手も多くなく上から潰されてしまうこともあるため繰り出す相手には気をつけなければいけません。また、例え一度積んだとしても引っ込めてしまうとステータス変化が元に戻ってしまうため終盤に上からシャドボを押し付けて削れた相手を掃除するという動きが出来なくなったりします。あとは、技スペを一枠取られてしまうということなんですがシャドボの一貫性がハンパでないので一致技だけでほとんどの相手に等倍以上で攻撃できます。ただ、メガギャラなどには炎・霊のどちらの技も半減にされてしまうので超技ではなく草技があった方がより動きやすくなるでしょう(ヘルガーなんて知らない)。

 

炎特殊アタッカーのニトロチャージ採用といえばリザYを思いつくと思うのですが、シャンデラはリザYと違ってAが低すぎるため(リザY→A104、シャンデラ→A55)また、晴れ下でもないので火力は期待できません(H振りのみのナットに対してさえ確5)。なので先に述べたように相手が身代わりを貼っていた際、それを壊すことができず相手にアドを取られる場合があります(特性が貰い火のとき)。

 

 

〈役割対象〉

シャンデラの役割対象は基本炎タイプのポケモンです。相手の炎技を読んで繰り出し貰い火を発動させ火力を上げるというのか基本的な立ち回りなので大半の炎タイプのポケモンをカモれます。また、シャンデラはBDが微妙に高いのでリザYの原始の力くらいなら耐えます(バシャのエッジは18.8%の乱1)。ただし、ヒードランなどの貰い火持ちのポケモンに対してはニトチャを積めないのであまり有利ではありません。

 

〈最後に〉

今回はシャンデラというポケモンがどういうものなのかを知ってもらうために詳しく紹介させていただきました。C145から放たれる一致技の威力は馬鹿にならないので是非皆さんも一度使ってみてはいかがでしょうか。

(ただ、対面性能に関してはスカーフに軍配が上がりそうです…)

この型以外にも「小さくなるシャンデラ」や「トリル置き土産シャンデラ」などもあるのでまた機会があるときに紹介しようと思います。

 

感想やアドバイスがあればTwitterか記事のコメント欄にお願いします。

 

長文になりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

初投稿(テストを兼ねて)

初めまして、カグヤと申します。

 

初心者ながらポケモンについてダラダラと投稿しようと思ってたり思ってなかったりしてます。

 

よろしくお願いします。